Home Gallery Store Contact

あれから3年・・・

K Forty-Four - Saturday, July 23, 2016

いや〜、ほんと久しぶりのブログ更新・・・(苦笑)

気づけばもう7月の後半に突入・・・夏真っ盛りですね!

日本は暑いんだろうなぁ・・・

さて、こちら南カリフォルニアでは、今日 (7/23) は、ロサンジェルスでボディビルディング選手権 (NPC Los Angeles Championships) が行われています。

実はこの大会、ご存知の方もいるとは思いますが、私がスポンサード・アスリート (EFX Athlete) として出場した最後の大会だったのです。

結果は、残念ながら勝利することは出来ずミドル級で3位・・・

あれは2013年でしたので、そう、もうあれから3年も経つんですね。

その後、怪我などもあり、ボディビル界からはすっかり遠ざかり、もう完全に忘れ去られてしまった(?)わたくしK44ではありますが、(自分の)理想のカラダを目指しての肉体改善は続けています。

そして今現在は、秋・冬と食べ過ぎによりたるんでまった体を引き締めようと春頃からしっかりと食事管理を行なってのダイエット中・・・

コンディション的には、十分コンテストに出場出来るぐらいまで絞りましたよ!

でも、目的はボディビルの大会への出場ではなく、あくまで肉体改善のため・・・

私は、若い頃から、ボディビルの大会に出場する/しないに関わらず、年に1度はダイエットを行なってしっかりと絞るようにしているのです。

これは筋肉のクオリティを上げるなどの効果もありますし、また、絞ってみないと見えてこないビジュアル的なものは必ずあるので、ここでしっかりと自分の(バランス的な)弱点、今後やらなければならないことなどを再確認するという意味でも脂肪を溜め込んだ状態のままにしない方がいいと考えています。

今後ボディビルダーとして再度ステージに上がるかどうか・・・それは本当に自分でも全く分かりませんが、メンタルとフィジカルの両面でレディ(ready) の状態になれば、もう一度・・・と自然に気持ちが自分をそこに向かわせるかもしれません。

そういう気持ちになれたらいいのですが・・・

All the best,

K44

読んだらクリック!
お願いしま〜す!

K44の“つぶやき”/“写真”はこちら・・・

こちらも読んだら/見たら上の"BLOG RANKING"お願いします。


Recent Posts


Tags


    Archive

      ("K44"とは・・・)

      こんにちは、"K44" (K Forty-Four) です!
      K44とは、"K"eisuke(圭介)の"K"と"Yo""shi"da(吉田)の"4""4"から・・・
      更には、私の誕生日(11月4日)にもこのK44が隠されているのです。アルファベットの11番目の文字は"K"・・・そして、11 x 4 = "44"というわけです。
      "4"は日本人には嫌われる数字ですが、私にとっては、"4"や"44"はラッキー・ナンバーなのです。
      まあ、K44ではちょっと長いので、"K"もしくは"YOSH"(ヨッシ)と呼んでいただければ嬉しいです。日本はもちろんのこと、こちらアメリカでも呼ばれ慣れているニックネームなので・・・


      (オールナチュラル・アスリート・"K44"!)

      “K44”(本名:吉田圭介)は、現在はもちろんのこと、過去にも一切ドラッグ(ステロイド=筋肉増強剤)を使用していない、完全なドラッグ・フリーのアスリート(ボディビルダー)である。
      2004年にグリーンカード(アメリカ永住権)を取得し、ボディビル/フィットネスの本場アメリカ西海岸、南カリフォルニアへ渡り、現在までNPC (National Physique Committee) のメジャー・コンテストに挑戦し続けている。 更に、2007年には、日本人ボディビルダーとしては初めて本場アメリカのサプリメント・カンパニーとスポンサー契約を結ぶ。(All American EFX 社)

      その出場選手のほとんどがドラッグ(ステロイド)・ユーザーだといわれているNPCのメジャー・コンテストにおいて、完全なドラッグ・フリーで挑み続けるK44の戦いのテーマは・・・ずばり、 
      “オールナチュラル vs. ステロイド!”
      そんなK44の最大の魅力は、ステージ上で非常に映える、その美しいシルエット、シンメトリー、そしてプロポーションだ!
      そのオールナチュラルで鍛え上げられた彼の独創性に富んだ “カッコいい、美しいカラダ!” 
      を目にすれば、これまであなたが抱いてきたボディビルダーに対してのイメージは大きく変わるであろう!


      (ボディビル選手権における主な戦歴)

      (デビュー戦)
      1988
      JBBF ミスター神奈川ボディビル選手権
      (ジュニアの部)優勝

      (復帰後) 
      2006 
      NPC ワールドジム・クラシック
      (ミドル級)優勝
      NPC ボーダー・ステイツ・クラシック
      (ミドル級)優勝

      2007
      NPC カリフォルニア・チャンピオンシップス
      (ウェルター級)優勝

      2008
      NPC ジュニア・カリフォルニア・チャンピオンシップス
      (ミドル級)優勝

      2011
      NPC ロサンゼルス・チャンピオンシップス
      (ウェルター級)優勝
      NPC タイタンズ・グランプリ
      (ミドル級)優勝
      NPC エクスカリバー・チャンピオンシップス
      (ウェルター級)優勝

      2012
      NPC オレンジ・カウンティ・マッスル・クラシック(ミドル級)優勝

      2013
      NPC カリフォルニア・チャンピオンシップス
      (ミドル級)優勝